メニュー
トップページ > NEWS一覧

NEWS一覧

  • 2018年7月2日【お知らせ】【さくらテラス】7月の貸切および振替休館日の予定

    7月はケータリングおよびバスツアーの団体予約が毎週入るため、下記の様に貸切等の予定になっています。
    お客様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、予めご了承の程お願いいたします。
    ※なお、ご来店の際は、一度お電話でご確認をいただきますと幸いです。

    さくらテラス 0944-85-8139

     

     

  • 2018年6月29日【メディア掲載】NHKテレビ「ニュースシブ5時」2018年6月28日特集

    NHKテレビ「ニュースシブ5時」2018年6月28日特集『電気の”地産地消”で町を元気に!』において、弊社の取組みが約15分間紹介されました。
    みやまスマートエネルギーは、みやま市の高齢化・過疎化等の課題を解決するため、地域の恵みを生かした電力事業による地域経済循環、地域活性化につながる市民サービスの充実を目指しています。

  • 2018年6月29日【お知らせ】みやまパワーHD、深谷市等と「自治体出資の地域電力会社」を設立

    みやまスマートエネルギーの取り組みを基に、再エネで地域課題解決を支援する活動を拡げる出資会社のみやまパワーHD(株) に関するお知らせです。
    みやまパワーHD株式会社では、みやま市とともにみやまスマートエネルギー株式会社を立ち上げた実績と知見を基に、平成30年4月3日「ふかやeパワー株式会社」を設立し、この度、6月27日に深谷市にて記者発表が行われました。

    なお、みやまパワーHDでは、今後も“再エネ”を活用して地域課題解決を支援する活動として、全国の地域エネルギー会社の立ち上げと運営支援を順次拡げてまいります。

    “ふっかちゃんでんき”こと、ふかやeパワーが深谷市と「自治体出資の地域電力会社」を設立_20180628

  • 2018年6月4日【掲載情報】2018年6月3日(日)日本経済新聞(総合面)

    「増える『自治体電力』」の記事において、自治体が出資して官民で運営する地域電力会社のひとつに弊社が取り上げられました。みやまスマートエネルギーは電力事業の収益で地域住民が交流する施設「さくらテラス」を運営するなど地域活性化に取り組んでいます。
    なお、平成29年度においては、売上高前年比252%で推移し、経常黒字であることを6月みやま市議会にも報告いたします。
    日本経済新聞電子版

  • 2018年5月1日【お知らせ】みやまパワーHD、秩父市と「自治体出資の地域電力会社」を設立

    みやまスマートエネルギーの取り組みを基に、再エネで地域課題解決を支援する活動を拡げる出資会社のみやまパワーHD(株) に関するお知らせです。
    みやまパワーHD株式会社では、みやま市とともにみやまスマートエネルギー株式会社を立ち上げた実績と知見を基に、平成29年度から秩父地域新電力会社の設立準備を進めてまいりましたが、この度、平成30年4月4日に「秩父新電力株式会社」を設立いたしました。

    なお、みやまパワーHDでは、今後も“再エネ”を活用して地域課題解決を支援する活動として、全国の地域エネルギー会社の立ち上げと運営支援を順次拡げてまいります。
    みやまパワーHD、秩父市と「自治体出資の地域電力会社」を設立_20180501

  • 2018年4月5日【お知らせ】港区と白河市・庄内町・みやま市の連携を“再エネ”で支援します

    再エネで地方と都市の連携を支援する活動に取り組むみやまスマートエネルギー株式会社は、平成30年度より、港区と白河市・庄内町・みやま市の再生可能エネルギー活用に関する協定締結に基づき、小売電気事業者として、東京都港区の公共施設へ福島県白河市の太陽光による再生可能エネルギー由来の電気の供給を開始します。また、山形県庄内町の風力による再生可能エネルギーについても導入のための準備を開始します。
    港区と白河市、港区と庄内町をつなぎ、再生可能エネルギーの普及拡大と、地域活性化を支援してまいります。
    港区と白河市・庄内町・みやま市の連携を“再エネ”で支援します 20180312

    東京都港区、白川市、庄内町との連携協定を締結しました(みやま市)

  • 2018年4月3日【お知らせ】「置賜自給圏推進機構4周年記念講演会」に登壇しました

    3月31日(土)、山形県米沢市で開催された「置賜自給圏推進機構4周年記念講演会」にて、弊社代表の磯部が講演を行いました。
    置賜地域を一つの自給圏ととらえる同機構の第4期総会と合わせて行われた講演会には、会員を含む約100名の参加者に熱心に聴講いただき、みやまスマートエネルギーが取り組む地域エネルギー事業の意義等、置賜地域の皆さまへお伝えする貴重な機会となりました。
    なお、翌日に下記の地域新聞に掲載されました。
    ・米沢新聞
    ・山形新聞

  • 2018年3月6日【お知らせ】【さくらテラス】みやま市立 二川小学校6年生が考える「未来のみやま市」

    本日、みやま市立 二川小学校6年生の皆さんによる市内バスツアーの昼食に、さくらテラスをご利用いただきました。
    二川小学校6年生は、みやま市エネルギー政策課による出前講座を受けて、未来のみやま市を思い描いたジオラマや新聞を作成されています。
    さくらテラスでは現在、それらジオラマの写真や新聞の一部を掲示しております。
    ご来店の際にぜひご覧ください。

     

  • 2018年3月1日【掲載情報】地域情報誌「かがり火」2018年2月号

    地域情報誌「かがり火」2018年2月号において「エネルギーの地産地消都市を目指す福岡県みやま市の取り組み」が掲載されました。
    みやま市・西原市長とみやまスマートエネルギー社長・磯部により、人口3.8万の小さな都市の大きな挑戦について取り組みの経緯や目指す姿を紹介しています。

  • 2018年2月27日【掲載情報】週刊ダイヤモンド 2018年3月3日号

    週刊ダイヤモンド2018年3月3日号 特集2「EV到来で過熱する 新・新エネ戦争」において、弊社の取組みが紹介されました。
    東日本大震災を契機に地球温暖化対策を急ぐ世界的な流れもあいまって、エネルギー業界が大きな転換点に差し掛かろうとしている中、地域経済活性化を目的に自治体が出資する電力会社”地域新電力”の設立が相次ぎ、地産地消エネルギーが全国に広がっています。